MITAKA Farm / 設立趣旨

設立の趣旨

農業法人株式会社三鷹ファームは、私たち農業者6人が発起人となって、三鷹市内において減少し続けている農地を出来る限り保全し、都市農業を永続的に発展させていくことを目的として、平成22年3月2日に設立しました。

私たちは、会社の経営理念として、「自然と共生するまちづくりを目指し、都市の中での農業経営を確立し、農地の保全と農業の永続的発展に貢献する」ことを掲げました。この理念のもとに、都市農業の自立経営を目指し、市民の皆さんが農業に参加する新しい農業経営モデルを作り上げ、消費者に新鮮で安心・安全、高品質な農産物を提供してまいります。

生産から流通・販売にいたる一環システムの構築、農家に学ぶ野菜作り講座や市民農業インストラクターの養成、ITを活用した農業の取り組みなどに挑戦し、三鷹から新しい都市農業のあり方を発信していきます。

当面は、三鷹市とのパートナーシップ協定に基づき、東京外かく環状道路の生活再建救済制度による取得用地約2000?を借り受け事業を展開します。今後、都市計画道路の代替農地の管理を行ったり、農地を借り上げることも予定しています。

弊社の事業活動の展開に当たりましては、地域、JA東京むさし、三鷹市、東京都、国土交通省など多くの方々のご支援、ご協力をいただきましたことに、心より感謝申し上げます。皆様のご期待にこたえるべく、社員一同精一杯努めてまいります。
今後とも、暖かいご指導、ご助言を賜りますようお願い申し上げます。

  平成22年4月12日

農業法人 株式会社三鷹ファーム
代表取締役社長 岡田源治